中古パソコンを激安価格で販売しているPC綺羅星の64ビットと32ビットの違いを解説しています。

サイトマップ
ヘッダー画像

送料無料キャンペーン

楽天モバイル

中古パソコンの賢い買い方

Core2Duo/CoreDuo搭載中古パソコンの説明

子供、年寄り向けのPC

Windows7搭載中古パソコンの説明

prezent

harucan

office2003

中古パソコンを激安価格で販売しているPC綺羅星の64ビットと32ビットの違いを解説しています。

中古パソコンPC綺羅星のWindows7の64,32ビット解説です!

lan
■32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?

そこで、購入時のアドバイスとして簡単に32bit版と64bit版の違いは何かをご説明いたします。

lan
32ビット版と64ビット版の一番の大きな違いは、使用できるメモリーの容量が異なる点です。

32ビット版では最大で4GBまでしか利用できなかったのに対し、64ビット版では4GB以上でも利用できます。

ただ、
32ビット版ではWindows7HomePremiumでもWindows7Proでも上限は4GBで、さらに32ビットのソフトウェアは1アプリに利用できるメモリ容量が2GBまでという制限があります。

64ビット版はWindows7HomePremiumは16GBまで、Windows7Proは192GBまで使用できます。

多くのメモリーが利用できると、パソコンが同じ作業をしてもより速く処理することができるといわれています。

例えば、大量に保存している写真や動画の編集、アプリケーションの使用なども32ビット版に比べて動作が速いといったメリットがあります。

よいことばかりの64ビット版に思えますが、注意点もあります。

パソコンで利用するアプリケーションの多くが以前からのメインである32ビット版の動作環境を想定して作成しているため、
以前に利用していたアプリケーションが64ビット版に対応していないことが今まで多々ありました。

しかし、最近では64ビット版に対応したソフトが増え、ほとんどの場合64ビット版で問題ないと思われます。

また32ビット版では64ビット専用のソフトは動きません。

さらに、
セキュリティも強化され、64ビット版ではインストールするデバイスドライバはデジタル署名が必須となりました。

ただ、大きな問題は周辺機器の対応の遅れです。

ある程度新しい周辺機器でないと64ビット対応のドライバが用意されていないため、その機器のデバイスを認識させる事が出来ないので、64ビット版では周辺機器が使えなくなる場合があります。

また最近の製品でも32ビット対応のドライバのみ用意しているメーカーもあるためメーカーのWeb上で周辺機器が64ビット対応ドライバを用意しているか、事前にチェックをする必要があります。

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明 PC賢い買い方
Twitterボタン 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録