PC綺羅星のパソコンにまつわるトラブルの解決方法で、パソコンライフを楽しく少しでも役に立つ情報です。タスクバー通知領域アイコンが消えたときの解消方法

サイトマップ
ヘッダー画像

送料無料キャンペーン

楽天モバイル

中古パソコンの賢い買い方

Core2Duo/CoreDuo搭載中古パソコンの説明

子供、年寄り向けのPC

Windows7搭載中古パソコンの説明

prezent

harucan

office2003

パソコンのトラブル解決方法

困ったおじさん 困った女性と先生

パソコンにまつわるトラブルの解決方法から、リユース(再利用)にまつわる話まで、パソコンライフを楽しく少しでも役に立つ話を書いていきたいと思います。
(このコーナーは、メルマガ「パソコンのトラブル解決方法!!」に掲載したものを、加筆修正したものです)

←前ページ /→次ページ /←目次

26 タスクバーの通知領域アイコンが消えたときの解消方法です。

タスクバーの右端のほうには、通知領域があり、起動中のソフトのアイコンなどが表示されています。
しかし、XPの初期設置では、非表示になっていますので、これを表示しますと、 その通知領域のアイコンを右クリックするだけで、そのソフトを表示できますので、非常に便利です。
それでは、表示にする場合の方法を......
タスクバーの何もないところで、右クリックしてください。
そして、「プロパディ」を選択してください。
そうすると、「タスクバー」と「スタートメニュー」の画面が出てきますので、「タスクバー」タブを押してください。
「アクティブでないインジケータを隠す」のチェックをはずしてください。
「OK」ボタンをクリックすれば完了です。

tasukubar

タスクバーには5つの機能があります。
@「タスクバーを固定する」
「タスクバーを固定する」のチェックボックスにチェックを入れると、タスクバーが固定されてタスクバーの移動や大きさの変更ができなくなります。
タスクバーを移動させたり、大きさを変更したいという場合には、「タスクバーを固定する」のチェックボックスにはチェックを入れないようにしておきましょう。

tasukubarkotei

A「タスクバーを自動的に隠す」
「タスクバーを自動的に隠す」のチェックボックスにチェックを入れると、下記の画像のようにタスクバーを使用していない際に自動的にタスクバーが隠れる設定になります。
自動的に隠す設定にしても、実際は完全に消えたわけではないのでタスクバーを表示させたい際にはほんの少しだけ見えている、下の青い部分にマウスカーソルを当てればタスクバーを表示させることができます。

tasukubarkakusu

B「タスクバーをほかのウィンドウの手前に表示する」 「タスクバーをほかのウィンドウの手前に表示する」のチェックボックスにチェックを入れると、タスクバーが常にウィンドウの手前に表示されるようになります。タスクバーを常に表示させておきたいという方はチェックボックスにチェックを入れておきましょう。

tasukubartemae


C「同様のタスクバーボタンをグループ化する」
Windows XPでは同じプログラムのウィンドウのボタンをまとめて表示する、「グループ化」という便利な機能があります。
プログラムをたくさん利用してタスクバーがいっぱいになってしまうという方には非常におすすめの機能です。
「同様のタスクバーボタンをグループ化する」のチェックボックスにチェックを入れると、下記の画像のように「グループ化」の機能を利用することができます。

tasukubargurup


D「クイック起動を表示する」
「クイック起動」とは、よく使うプログラムをワンクリックで起動させるアイコンを集めた領域の事です。
「Internet Explorer」やウィンドウを一括で最小化/元に戻すことのできる、「デスクトップの表示」などのアイコンがクイック起動の領域には設置されています。
「クイック起動を表示する」のチェックボックスにチェックを入れると、下記の画像の赤枠の部分にクイック起動を表示させることができます。

tasukubarkidou



←前ページ /→次ページ /←目次

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明 PC賢い買い方
Twitterボタン 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録