PC綺羅星のパソコンにまつわるトラブルの解決方法で、パソコンライフを楽しく少しでも役に立つ情報です。パラレルポートとシリアルポートです。

サイトマップ
ヘッダー画像

送料無料キャンペーン

楽天モバイル

中古パソコンの賢い買い方

Core2Duo/CoreDuo搭載中古パソコンの説明

子供、年寄り向けのPC

Windows7搭載中古パソコンの説明

prezent

harucan

office2003

パソコンのトラブル解決方法

困ったおじさん 困った女性と先生

パソコンにまつわるトラブルの解決方法から、リユース(再利用)にまつわる話まで、パソコンライフを楽しく少しでも役に立つ話を書いていきたいと思います。
(このコーナーは、メルマガ「パソコンのトラブル解決方法!!」に掲載したものを、加筆修正したものです)

←前ページ /→次ページ /←目次

32 パラレルポートとシリアルポートの説明です。

パソコンを見てみると、パラレルポート(端子)とかシリアルポート(端子)とかがありますが、いったいなにに使うのか分かりません?

そこでこの用語の意味を簡単に説明させていただきます。
パラレル端子は、一般的にIEEE1284という規格に基づいた端子で、主にパソコンとプリンターの接続に使われていました。
複数ビットを同時に送信するデータ転送方式を採用しています。
最大データ転送速度は8MB/秒ですので、USB2.0の約7分の1の速度になります。
そこで最近は、パラレル端子を備えないパソコンやプリンターも増えてきています。

sirialport


シリアル端子は、マウスやモデム、ISDN用ターミナルアダプター(TA)などと、パソコンを接続するときに使われている端子です。
「COMポート」と呼ばれることもあります。
シリアル端子は、1ビットずつデータを送る転送方式を採用していますので、一般的に最大データ転送速度は115.2kbpsになります。
以前は通信系の用途でよく使われていましたが、最近ではパソコンでのモデムやLAN端子の標準搭載、USB機器の普及などで、シリアル端子を介して周辺機器を接続することは少なくなりました。
実際、シリアル端子を標準装備したパソコンや周辺機器も減ってきています。

paralelport



←前ページ /→次ページ /←目次

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明 PC賢い買い方
Twitterボタン 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録