PC綺羅星のパソコンにまつわるトラブルの解決方法で、パソコンライフを楽しく少しでも役に立つ情報です。ドライブのドライブ文字(ドライブレター)が変わってしまった時の変更方法

サイトマップ
ヘッダー画像

送料無料キャンペーン

楽天モバイル

中古パソコンの賢い買い方

Core2Duo/CoreDuo搭載中古パソコンの説明

子供、年寄り向けのPC

Windows7搭載中古パソコンの説明

prezent

harucan

office2003

パソコンのトラブル解決方法

困ったおじさん 困った女性と先生

パソコンにまつわるトラブルの解決方法から、リユース(再利用)にまつわる話まで、パソコンライフを楽しく少しでも役に立つ話を書いていきたいと思います。
(このコーナーは、メルマガ「パソコンのトラブル解決方法!!」に掲載したものを、加筆修正したものです)

←前ページ /→次ページ /←目次

48 ドライブのドライブ文字(ドライブレター)が変わってしまった時の変更方法

今回は、ドライブのドライブ文字(ドライブレター)が変わってしまった時や変えたい時の変更方法についてです。

DVDドライブやUSBメモリなどのリムーバブルディスク、外付けハードディスク(外付けドライブはパソコンに接続してからおこなってください。)などを増設すると、
それぞれの機器にドライブ文字(ドライブレター)が割り当てられます。

マイコンピュータを開いてみると、
ローカルディスク(C:)、DVDドライブ(D:)のようにドライブ文字(ドライブレター)がついています。

driveletter


このドライブ文字(ドライブレター)は、新しい機器を増設すると消費されていきますが、
そのとき、今までのドライブ文字(ドライブレター)が変わってしまうことがあります。
DVD再生ソフトなど使用する機器のドライブ文字(ドライブレター)を設定する必要があるソフトでは、このようにドライブ文字(ドライブレター)が変わってしまうと、毎回設定し直さなくてはならないので、大変不便です。
そこで、DVDドライブ、CD-Rドライブなど、特定のソフトにドライブ文字(ドライブレター)を設定する必要があるものは、他の機器では使わない「Z」や「X」などに固定してしまうとよいでしょう。
(ただしシステムがインスツールサレテイルCドライブやフロッピーデスクAドライブのドライブ文字(ドライブレター)は変更できません。)

変更の方法です。
例:「E:」のHDDを「X:」に変更する場合です。
1.以下のいずれかの手順を実行します。
[スタート]の「コンピュータ」を右クリックし、メニューから[管理]を選択します。
2.「コンピュータの管理」画面の左側の領域にある[ディスクの管理]をクリックします。

driveletter1


3.ボリューム(「E:」)を右クリックし、メニューから「ドライブ文字とパスの変更」を選択します。

driveletter2


4.「…のドライブ文字とパスの変更」画面で、変更するドライブを確認して、[変更]をクリックします。
5.「ドライブ文字またはパスの変更」画面で、「次のドライブ文字を割り当てる」のリストから新しいドライブレター([X])を選択して、[OK]をクリックします。

driveletter3


6.「確認」画面で[はい]をクリックします。
ドライブレターが「X:」に変更されています。

driveletter4


光ディスクドライブなどのドライブレターを変更する場合
光ディスクドライブなどHDDではない記憶装置の場合は、「CD-ROM 0」 などと表示された部分を右クリックし、[ドライブ文字とパスの変更]を選択します。

driveletter5




←前ページ /→次ページ /←目次

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明 PC賢い買い方
Twitterボタン 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録