PC綺羅星のパソコンにまつわるトラブルの解決方法で、パソコンライフを楽しく少しでも役に立つ情報です。デスクトップにあるショートカットの整理方法です。

サイトマップ
ヘッダー画像

送料無料キャンペーン

楽天モバイル

中古パソコンの賢い買い方

Core2Duo/CoreDuo搭載中古パソコンの説明

子供、年寄り向けのPC

Windows7搭載中古パソコンの説明

prezent

harucan

office2003

パソコンのトラブル解決方法

困ったおじさん 困った女性と先生

パソコンにまつわるトラブルの解決方法から、リユース(再利用)にまつわる話まで、パソコンライフを楽しく少しでも役に立つ話を書いていきたいと思います。
(このコーナーは、メルマガ「パソコンのトラブル解決方法!!」に掲載したものを、加筆修正したものです)

←前ページ /→次ページ /←目次

52 突然ファイルが開かなくなった時の方法です。

ファイル名を変更したら、突然ファイルが開かなくなった!
そんな時、元に戻してファイルを開く方法をお知らせします。


ファイルは、必ず「拡張子」というものがあり、これはファイル名の後ろにつく英字のことです。
例えば、エクセルでは「.xls」 画像ファイル等は「.jpg」などです。
ファイルの拡張子が、ファイル名を変更する時に、間違って拡張子まで消してしまった場合等に、ファイルが開かない場合があります。
こんなとき、拡張子が分かっている場合は、ファイルの後ろにピリオドで区切って拡張子を入力します。

分からない場合は、フリーソフトの「WinExChange」を使うと、自動的に拡張子がつけられます。
「WinExChange」は、ドラッグ&ドロップなどで送られたファイルを解析してくれるソフトです。
予測される正しい拡張子を表示するとともに、表示された拡張子(またはリストから選択できる別の拡張子)に変換する機能を持っています。
使い方は簡単です。
判別したいファイルを「WinExChange」にドラッグ&ドロップすればOKです。
ファイルをドロップすると瞬時に解析され、ファイル種別に応じた拡張子と説明が表示されます。
詳細分析に対応している拡張子であれば、付属情報を表示できます。
解析後は、拡張子がないファイルに拡張子を付加したり、拡張子を変更したりといったことも可能です。

winexchange




←前ページ /→次ページ /←目次

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明 PC賢い買い方
Twitterボタン 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録