PC綺羅星のパソコンにまつわるトラブルの解決方法で、パソコンライフを楽しく少しでも役に立つ情報です。新たにユーザーアカウントを作る方法です。

サイトマップ
ヘッダー画像

送料無料キャンペーン

楽天モバイル

中古パソコンの賢い買い方

Core2Duo/CoreDuo搭載中古パソコンの説明

子供、年寄り向けのPC

Windows7搭載中古パソコンの説明

prezent

harucan

office2003

パソコンのトラブル解決方法

困ったおじさん 困った女性と先生

パソコンにまつわるトラブルの解決方法から、リユース(再利用)にまつわる話まで、パソコンライフを楽しく少しでも役に立つ話を書いていきたいと思います。
(このコーナーは、メルマガ「パソコンのトラブル解決方法!!」に掲載したものを、加筆修正したものです)

←前ページ /→次ページ /←目次

55 キャッシュの削除方法

キャッシュとは、一度アクセスしたサイトのデータをブラウザで一時的に保管し、次回より同じページにアクセスした際の表示を速くする仕組みです。
ただし、ブラウザでキャッシュを保持している場合、サイトが更新されていても保持しているキャッシュが優先的に表示され、新しい内容が表示されない場合がございます。
サイトの更新を行っても表示が変わらない場合は、キャッシュの削除をお試しください。
キャッシュを削除すると、問題が解決することがあります。以下の手順で、設定を変更してからご利用ください。

【Windows】
1.タスクバーの「Internet Explorer」をクリックします。
Internet Explorerアイコン
2.「ツール」ボタン(歯車のボタン)→「セーフティ」→「閲覧履歴の削除」の順にクリックします。
セーフティ→閲覧履歴の削除
3.「閲覧の履歴の削除」が表示されます。
「お気に入り Web サイト データを保持する」をクリックし、チェックを外します。
お気に入りwebサイトデータを保持する
お気に入りに登録されているインターネット一時ファイルを削除しないときは、チェックを付けたままにします。
4.「インターネット一時ファイル」から「ActiveX フィルターと追跡防止のデータ」の中で、履歴を削除したい項目をクリックしチェックを付けます。
削除したい項目をクリック
5.「削除」ボタンをクリックします。
削除ボタンをクリック
6.閲覧の履歴の削除が始まります。
完了するまで、しばらく待ちます。
7.「選択された閲覧の履歴が削除されました。」と表示されます。
「×」ボタンをクリックします。
8.「×」ボタンをクリックし、Internet Explorerを終了します。

【Google Chrome】
1. ツールバーの [ Chromeメニュー ] → [ 設定 ] をクリックします。
[ Chromeメニュー ]  → [ 設定 ] をクリック
2. 「設定」タブが表示されたら、[ 詳細設定を表示 ] をクリックします。
[ 詳細設定を表示 ] をクリック
3. [ プライバシー ] セクションで [ 閲覧履歴データの消去 ] をクリックします。
[ 閲覧履歴データの消去 ] をクリック
4. [ キャッシュされた画像とファイル ] にチェックを入れ、 [ 閲覧履歴データを消去する ] をクリックします。

【Macintosh】
1. Safariを起動して、メニューバーの [ Safari ] をクリックし、 [ 環境設定... ] をクリックします。
メニューバーの [ Safari ] をクリックし、 [ 環境設定... ] をクリック
2. [ 詳細 ] をクリックし、[ メニューバーに“開発”メニューを表示 ] にチェックを入れてウインドウを閉じます。
[ 詳細 ] をクリックし、[ メニューバーに“開発”メニューを表示 ] にチェックを入れる
3. メニューバーの [ 開発 ] をクリックし、 [ キャッシュを空にする ] をクリックします。
メニューバーの [ 開発 ] をクリックし、 [ キャッシュを空にする ] をクリック

「閲覧の履歴の削除」でできること
「閲覧の履歴の削除」でチェックできる主な項目には、それぞれ次のような役割があります。
いずれも削除してしまっても不具合が起きることはありませんが、サイトのログイン情報のクッキーを削除すると、ずっとログインしていたサービスに再ログインが必要になるなど、再操作の手間がかかることがあります。
お気に入りWebサイトデータを保持する・・・・
「お気に入り」に追加しているホームページを、クッキーやインターネット一時ファイルの削除対象から除外します。
表示の調子が悪いときには除外せず削除する必要があるので、特に理由がなければチェックをはずします。
インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル・・・・
キャッシュのことです。一時的に保存しているホームページの文字や画像データを削除します。
クッキーとWebサイトデータ・・・・
ホームページごとのログイン情報やホームページの設定などです。削除した場合、ログイン状態が解除されたり、カスタマイズしていたホームページが初期設定に戻ったりする場合があります。




←前ページ /→次ページ /←目次

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明 PC賢い買い方
Twitterボタン 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録