中古パソコンを激安価格で販売しているPC綺羅星のパソコン用語集①「あ行」です。

サイトマップ
ヘッダー画像

送料無料キャンペーン

楽天モバイル

中古パソコンの賢い買い方

Core2Duo/CoreDuo搭載中古パソコンの説明

子供、年寄り向けのPC

Windows7搭載中古パソコンの説明

prezent

harucan

office2003

中古パソコンPC綺羅星のパソコン用語集①「あ行」

中古パソコンPC綺羅星のパソコン用語集「あ行」情報です!

あ行
か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 数字
アーカイバ 複数のファイルを1つにまとめるソフトウェアのことで、まとめるだけでなく圧縮する機能や元に戻す機能も併せ持っている。 本を詰め込む書庫(archives)が名前の由来。 代表的なソフトウェアとしては、LHAやWINZIPなどがある。
アウトラインフォント 字の輪郭(アウトライン)を表す線を、頂点の座標のデータと直線・曲線を表すデータの組み合わせでひとつの文字を構成して保存しているフォントデータのこと。 文字の拡大時表示や拡大した印刷でも、文字の輪郭を滑らかに表現することができる。
アイコン WindowsなどのGUI環境を採用したOSで、ファイルやソフトウェアなどを表す絵記号のことをいう。
アカウント コンピュータを利用する権利や、ネットワークに接続(ログイン)して使用する権利のこと。「ID」とほぼ同じ意味で使われる。 単に、メールアドレスなどの「ユーザー名」をアカウントと言う場合もある。
アクセスポイント ネットワークに外部から接続するためにプロバイダなどが設置している基地局、または電話番号のこと。
アクセラレータ パソコンの処理速度を向上させるハードウェアのこと。 CPUアクセラレータやビデオアクセラレータなどの種類がある。
圧縮 一定の処理手順にしたがってデータの容量を小さくすることで、ファイルの転送や保存の際、アーカイバと呼ばれる専用のプログラムを使ってデータファイルの容量を小さくすることをいう。
アップグレード 現在のハートウェアやソフトウェアをより新しく、より高性能のものに切り替えることを言う。
アップデート ソフトウェアやデータなどをより新しいものに書き換えることで、「更新」の意味に使われる。
アップロード ローカルのコンピュータにあるデータを、ネットワーク上のサーバーにファイルを転送し、他のユーザーに公開すること。
アドレス帳 電子メールの宛先であるメールアドレスを管理する機能のことで、Microsoft Outlook Expressなどのアドレス帳は氏名や住所、電話番号などさまざまな情報も入力でき、住所録のように活用することもできる。
アナログ公衆回線 ISDN回線などのデジタル回線に対し、従来のアナログ方式の一般電話回線のことを「アナログ公衆回線」という。
アプリケーション ワープロや表計算、データベース、はがき作成、画像処理など、ユーザーが目的に応じて使うソフトの総称。 アプリと略して呼ばれることもある。また、「応用ソフト」と訳されることもある。
アンインストール インストールされたアプリケーションや関連するデータファイルなどをディスク上から削除して、インストールする前の状態に戻すこと。
暗号化 一定の規則に沿ってデータを変換して、元の内容を見られないようにすること。 暗号化の方法としては、「公開鍵方式」と「秘密鍵方式」の2種類がある。
アンフォーマット フロッピーディスクなどの記録メディアが、使用できるようにフォーマットされていない状態のこと。 またはフォーマットする以前の状態にすることを言う。
イジェクトボタン フロッピーディスクやCD-ROMなどの取り外し可能な記録メディアを 装置(ドライブ)より取り出すための操作ボタンのこと。
イニシャライズ ハードディスクやフロッピーディスクなどの記録メディアに、使用するために必要な情報を書き込むことで、使用中の記録メディアをデータの無い初期状態に戻すこともイニシャライズと言う。 また、パソコンなどのハードウェアの設定を初期状態に戻すことを言う場合もある。
イメージスキャナ 写真やイラストなどの原稿を光学的に読み込み、画像データに変換する装置のこと。 原稿をガラス台に置いて読み込むフラットベッドスキャナや、原稿自体を移動させて読み込むシートフィードスキャナ、ネガ(ポジ)フィルムを読み込むフィルムスキャナなどがある。
インクジェットプリンタ インクを熱や圧力などを利用して紙に吹き付けて印刷をするタイプのプリンタのこと。 価格が安くカラー化が容易で、専用紙を使用すると写真のような印刷が可能なため、最近ではカラーインクジェットプリンタが主流になっている。
インジケータ パソコンなどの機器の動作状況を表示する機能や表示装置(ランプなど)のこと。 ハードディスやフロッピーディスクに、アクセスしているときに点灯するランプや、Windowsの画面に表示される作業状態を表すアイコンなどのことを言う。
インストール/インストーラ ソフトウェアをパソコンのハードディスクにコピーして、利用できる状態にすることを「インストール」。 パソコンにアプリケーションなどをインストールするためのソフトウェアのことを「インストーラ」という。
インターネット TCP/IPを利用して全世界のコンピュータネットワークを専用線で接続している巨大なネットワークのこと。 個人でインターネットに参加するためには、インターネットサービスプロバイダ(ISP)と契約をして、ISPの用意しているアクセスポイントに電話をかけて接続する方法(ダイヤルアップ接続)が一般的。
インターフェイス パソコンと周辺機器など複数の機器を接続するための装置や、接続するための手順・規格・仕様のことをいう。 また、人間が利用する機械の操作方法や表示画面などの、人と接する接点を「ヒューマンインターフェース」と呼ぶ。
イントラネット インターネットで普及している技術やサービスを使って構築された企業内LANのこと。
インポート あるソフトウェアで作成した形式の異なるデータを、別のソフトウェアのデータ形式に変換をして読み込むことを言う。
ウィザード 本来は複雑な手順がともなう機器やソフトウェアの設定と、設定変更などの作業を、メニューに従って項目を対話形式で選択していくだけで簡単にできる仕組みのこと。
ウィルス 不特定多数のコンピュータに感染し、データの破壊やファイルの削除などの、何らかの危害を与えるように意図的に作成されたソフトウェアのことで、自然界のウィルスと同様に感染・潜伏・発病などの現象を起こすことから、「コンピュータウィルス」とも呼ばれている。 インターネットなどの普及によって、電子メールの添付ファイルやダウンロードファイルなどを通して感染することが多い。
ウィンドウ Windowsシステムなどのコンピュータ画面に表示されている、枠によって区切られた表示領域のこと。 特定のメッセージや警告を表示するダイアログボックスやアラートボックスもウィンドウの一つ。
ウェブサイト Webにより特定のサービスを提供しているWebページの集まりのことで、単に「サイト」とも呼ばれる。
上書きインストール アプリケーションをインストールするときに、すでにインストールされているものを消去(更新)する形で、新しいものをインストールすること。
上書き保存 ファイルを保存する時の方法の一つで、既に存在するデータを新しいデータに置き換える保存のしかたをいう。 ファイル内容を更新する一般的な保存方法であるが、更新してはいけない「読み取り専用(read only file)」状態のファイルには、内容を変更しても上書き保存はできない。(この場合は、「名前を付けて保存」により、別ファイルとして保存する。)
上書きモード 既に入力されている文字の位置で、新しい文字入力が行なわれると、入力済みの文字が新しい文字に置き換えられる状態のこと。
液晶ディスプレイ パソコン用の表示装置に、液晶パネルを利用したディスプレイのこと。 液晶パネルのタイプによって、TFTタイプとDSTNタイプがあるが、現在はTFTタイプが主流。
エクスプローラ ファイル操作やソフトウェアの起動が出来る、ファイル管理ツールのこと。(Windows95以降のOSで採用)
エクスポート あるソフトウェアで作成したデータを、別のソフトウェアで読み込みが可能なデータ形式に変換して、書き出す(送り出す)ことを言う。
エディタ 入力・修正などを行なう編集ソフトウェアの総称。 テキスト編集用の「テキストエディタ」やアイコン編集用の「アイコンエディタ」、Web編集用の「Webページエディタ」などがある。
エンコード データをある特定の形式に変換(符号化)すること。データファイルの圧縮やデータの暗号化などもエンコードにあたる。
オートコンプリート機能 データを入力するときに、既に入力されているデータの先頭部が一致するときに、そのデータを入力候補として自動的に表示する機能のこと。Excel、Internet Explorerなどのソフトに搭載されている。
お気に入り Webブラウザなどで、頻繁に訪れるWebページのアドレスを記録しておく機能のことで、Webブラウザソフトによっては「ブックマーク」とも呼ばれている。
欧文フォント Arial や Century 等、英語表記などの欧文用にデザインされた書体のこと。 半角アルファベット、半角数字、半角記号が対象になる。
オブジェクト ソフトウェアの処理や機能について記述されているソースコードのこと。 またはソフトウェアなどで扱われている図形のことを言う。
オプティカルマウス マウスの移動に関する情報(距離と方向、スピードなど)を光学的に読みとる機構を持ったマウスのこと。「光学式マウス」とも呼ばれる。
オフライン オンラインの対義語のこと。 ネットワークやシステムに接続しておらず、単独の状態のことを言う。
オペレーティングシステム OS(Operating System)のこと。コンピュータを動作させるために必須の基本ソフトウェアのことで、アプリケーションソフトの管理や周辺装置とのデータのやり取りなどを行う。Windows 95やWindows 98はOSの一つ。
オンライン オフラインの対義語のこと。 端末や周辺機器がネットワークやケーブルなどで、ホストコンピュータなどに接続されている状態のことを言う。
オンラインサインアップ インターネットサービスプロバイダとの契約などを、モデムなどを用いてオンラインで手続きを行なうこと。
か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 数字

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明 PC賢い買い方
Twitterボタン 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録