中古パソコンを激安価格で販売しているPC綺羅星のパソコン用語集⑥「は行」です。

サイトマップ
ヘッダー画像

送料無料キャンペーン

楽天モバイル

中古パソコンの賢い買い方

Core2Duo/CoreDuo搭載中古パソコンの説明

子供、年寄り向けのPC

Windows7搭載中古パソコンの説明

prezent

harucan

office2003

中古パソコンPC綺羅星のパソコン用語集⑥「は行」

中古パソコンPC綺羅星のパソコン用語集「は行」情報です!

は行
あ行 か行 さ行 た行 な行 ま行 や行 ら行 わ行 数字
バージョンアップ ソフトウェアを改訂し、バージョンを上げること。 通常、ユーザーは、バージョンアップの際に新バージョンの製品をまるごとインストールするが、メーカーがインターネットなどで公開している「差分ファイル」を入手して、追加インストールすることでバージョンアップが完了する場合もある。
バーチャルメモリ ハードディスクなどの外部記憶装置をメモリの代わりに利用する機能のこと。仮想メモリともいう。 メインメモリがいっぱいになった場合に、使われていないメモリの内容の一部をファイルとしてディスクに書き出し、必要に応じてまた読み込む。 メモリが不足した場合でもソフトの動作が可能になる半面、実行速度は遅くなる。 メモリの内容を外部記憶装置と交換することをスワップという。
パーティション 1台のハードディスクの記録領域を論理的に区切り、あたかも複数台あるかのように利用する時の一つひとつの区切りを指す。「領域」や「区画」とも呼ぶ。
ハードウェアリソース 主にIRQ、DMA、I/Oポートアドレス、予約されたメモリ領域を指す。 コンピュータのシステムリソース(resource=資源)には限りがあるため、各デバイス(ハードウェア)は協調してシステムリソースを利用するように設定される必要がある。
ハードコピー 画面に表示されている内容そのものをプリンタで印刷すること、または、その印刷されたもの。
ハードディスク 高速回転する円盤(ディスク)上にデータを記録して、読み書きする記憶装置。HDと略されて表示されることもある。 ハードディスクには、パソコン本体に内蔵するタイプとパソコン本体とケーブルでつなぐ外付けタイプとがある。
バイナリファイル テキストファイル以外のファイル全般を指す。 アプリケーションやOSなどのプログラムファイル、アプリケーションが作成するデータファイルなどがある。
ハイバネーション ノートパソコンなどで、作業を終了して省電力モードに移行する前に、メモリの内容をハードディスクに書き出す機能のこと。 作業休止中にメモリ内容を保持する電力を必要としないため、より高い省電力効果が得られる。 通常、ハイバネーション機能を使うためにはメインメモリの容量に応じたハードディスクの空き容量が必要となる。
バグ プログラム上の誤りのこと。もともとは小さな虫や微生物(bug)を意味し、転じて機械や計画などの誤り、欠陥などを指すようになった。 バグを修正する作業を「バグ取り」、「デバッグ」などという。
バス (bus) コンピュータ内部で信号をやり取りするための共通の通路のこと。 バスは使用目的や形態によってさまざまに分類される。 バスの存在する場所に着目すると、パソコンのバスは、内部バス、外部バス、拡張バスに大別できる。 また、バスが一度にやり取りできるデータ量に着目して、64ビットバス、32ビットバス、16ビットバスと分類することもある。
パス (path) ファイルの所在を示すための文字列。どのドライブの何というフォルダにあるのかを示す。 例えば「c:\My Documents\syorui.doc」という場合、「syorui.doc」というファイルは、CドライブのMy Documentsフォルダの中にあり、「c:\My Documents\」がパスとなる。 日本語版のMS-DOSやWindowsでは、区切り文字として「\」が使われているが、英語版のMS-DOSやWindowsでは「\(バックスラッシュ)」が使われている。
パスワード 文字や数字を組み合わせた暗証番号のようなもの。コンピュータやパソコン通信サービスなどで、使用しようとしているユーザーが正規に登録されたユーザーであることを確認するために使われる。 パスワードは、キャッシュカードの暗証番号のように重要であり、名前や生年月日のように容易に推測できるものは極力用いない方がよい。また、定期的に変更することも重要。
パターンファイル ウイルス対策ソフトが、コンピュータウイルスを発見するために使うファイル。 「ウイルス定義ファイル」、「ウイルスDATファイル」などともいう。 パターンファイルにないコンピュータウイルスは、発見できない可能性が高く、最新のコンピュータウイルスに感染しないためには、パターンファイルを常に最新の状態にしておく必要がある。 ウイルス対策ソフトメーカーはパターンファイルを随時更新しており、インターネットを使って、通常は無料でダウンロードすることができる。
バックアップ プログラムやデータが壊れたり紛失したときに備えて、同じファイルを作成したり、予備のディスク装置やMOディスク、CD-Rなどの外部記録メディアにプログラムやデータを複写しておくこと。
バックライト 液晶ディスプレイに画像を表示するために必要な光源。 カラー液晶ディスプレイの多くは液晶パネルの背面に蛍光管などの発光装置が設置されている。
バッファ(バッファメモリ) CPUの処理速度とプリンタなどの周辺機器の処理速度のギャップを埋めるための緩衝用メモリ。 CPUで処理されたデータはいったんバッファに蓄えられ、周辺機器の処理速度に合わせて順次データを送り出す。バッファを使うことにより、処理速度の遅い周辺機器とのデータのやり取りにCPUを占有されないので、CPUの利用効率が向上する。
ハブ LANでパソコンなどの端末を放射状に配線する際、中心に配置する集線装置をいう。 一般には10BASE-Tや100BASE-TXのLANケーブルを接続する集線装置を指す。
パラメータ コマンドに続けて入力し、実行の対象や方法を指示する文字列。変数ともいう。 また、関数などの「引数」もパラメータと呼ばれることがある。
パラレルインターフェース 同時に複数の信号を並列にして送るデータ転送方式、あるいは物理的な接続コネクターを指す。プリンタ用のIEEE1284、ハードディスクなどに用いるIDE、SCSIなどがある。
パラレルポート パラレル信号でデータをやり取りする機構。
貼り付け パソコン内の「クリップボード」に記録されたデータを貼り付けること。「ペースト」ともいう。 カット(切り抜き)やコピー(複写)の操作の後で行う。
パワーマネージメント パソコンの消費電力をできるだけ少なくするために、CPUやハードディスクなどの動作状態を管理する機能。 CPUの動作周波数や、液晶ディスプレイの明るさ、ハードディスクの回転速度などを制御することで対応する。
半角カタカナ 1バイトのデータで表現されるカタカナ文字。 (漢字、ひらがな、全角カタカナは、2バイトのデータで表現される。) 電子メールやホームページの中などで使われると、「文字化け」の原因となることが多いので注意を要する。
ハングアップ 使用中のパソコンが正常に動作しなくなり、キーボードやマウスなどからの入力操作を全く受け付けなくなった状態。「フリーズする」ということもある。
ビープ音 サウンド機能の一つで、パソコン本体が内蔵する圧電ブザーの発する音のこと。 誤操作に対しての警告や、入力指示の確認などを示すのに使われる。
光通信 ケーブルを使わずに赤外線を使って行うデータ通信。 コンピュータや携帯情報機器などの間でデータのやり取りに使用される。最近ではデジタルカメラや公衆電話などにも光通信機能が採用されている。
光デジタル出力端子 デジタル音声信号をパソコンから出力するための端子。 この端子と、光デジタルオーディオ入力端子付きのオーディオ機器を、光デジタルケーブルで接続することにより、 パソコンで再生した音をより鮮やかな音質で楽しめる。
ビジー状態 パソコンに対して多くの命令が集中して、一時的に反応が無くなる状態のこと。
左クリック マウスなどのポインティングデバイスの左ボタンを1回押す(クリックする)こと。
ビット (bit) コンピュータが扱うデータの最小単位。binary digitの略語。 コンピュータでは、2進数1桁の数値(0か1)を最小単位として計算するが、これをビット(bit)という。〔8bit=1byte(バイト)〕
ビットマップ 文字や図形をドットの集まりとして表示または保存する方法。 データ形式が単純なため、扱いが簡単だが、保存のためにより大きなメモリ容量が必要になる。CPUが処理しなければならないデータ量も多い。 Windowsの画面はビットマップ方式で表示している。また、文字の形を点の集まりとして表現した字体をビットマップフォントと呼ぶ。
ビデオRAM(ビデオメモリ) グラフィックスチップが、画像表示用に使う専用のメモリのこと。 VRAMと表記されることが多い。
秘密鍵暗号方式 送信側と受信側がお互いに同じ鍵を使って暗号化したデータをやり取りする方式。 「共通鍵暗号方式」ともいう。この方式で使われる鍵のことを「秘密鍵」といい、公開しない。 公開鍵暗号方式に比べ、暗号/復号化の処理が速い。多人数で利用するには鍵の数が増え、鍵の管理に手間がかかるうえ、秘密鍵が他人に知られてしまう危険性が高くなる。
ビューア (viewer) いろいろなデータファイルの内容を表示するソフト。ビューワーと表記されることもある。 たいていは素早く起動できるユーティリティソフトとなっており、作成したアプリケーションソフトを起動する手間を省くことができる。 PDFファイルを見るためのAcrobat Readerなど、特定のアプリケーション専用のビューアソフトもある。
表示ドライバ パソコンでディスプレイ(表示装置)を使用するために、画面表示に関わる機器を制御するためのソフトウェアのこと。 ディスプレイドライバとも呼ばれる。
ファームウェア (firmware) ハードウェアを制御するため、機器に組み込まれたソフトウェア。 多くの場合フラッシュメモリに記録されており、ユーザーが自由に書き換えることはできない。
ファイアウォール インターネットに接続したコンピュータやネットワークへの外部からの侵入を防ぐためのソフトウェア。ファイアウォール(firewall)とは「防火壁」の意味。
ファイル形式 データをファイルに格納する時の記録形式。 アプリケーションソフトでは、それぞれ独自のファイル形式でデータを記録するものが多い。一方、テキストファイルや、BMPやJPEGといった画像ファイルなど、多くのソフトで扱われる汎用的なファイル形式もある。 Windowsでは、ファイル名に付けられた拡張子を元に、ファイル形式が判断される。
ファイルシステム OSがファイルを管理し、データを読み書きできるようにするための仕組み。 FAT16、FAT32などの種類がある。
ファンクションキー キーボードの上部にある、特定の機能が割り付けられたキー。F1、F2などと表示されている。 各キーの機能は、アプリケーションによって異なる。
ブート パソコンのハードやソフトの実行(動作)を開始すること。「起動」ともいう。
ブートセクタ ハードディスクやフロッピーディスクの、フォーマット形式などの情報が記録されているセクタのこと。
フォーマット コンピューター用の記録メディアにデータの読み書きができるようにする操作。「初期化」ともいう。 フォーマットすると、そのメディアに記録されていたデータはすべて消えてしまう。 また、記録メディアの記録方式やファイル形式を指す場合もある。
フォルダ コンピュータ上で文書ファイルやプログラムを分類、整理して保存するための場所。
フォント 文字を画面に表示、印刷する場合に使用する文字の書体やそのデータのこと。
ブラウザ (browser) 本来は、データファイルの中身を次々と見ていくためのソフトを指すが、一般的には、インターネットのWebブラウザを指す場合が多い。 (blowseには「本を拾い読みする、ざっと目を通す」などの意味がある。)
プラグアンドプレイ (Plug and Play; 略称 PnP) 周辺機器や拡張ボードなどをパソコンに接続した場合に、デバイスドライバーのシステムへの組み込みや設定を自動的に行う機能。 周辺機器を取り付ける(Plug)だけで、すぐに動く(Play)という意味で名付けられた。PnPと略すこともある。
プラグイン 特定のアプリケーションソフトに、後から組み込んで機能を強化するための追加ソフトの総称。 プラグインソフトを組み込むことで、そのアプリケーションが標準では備えていない機能やさらに高度な機能が利用できるようになる。
フリーズ パソコンを使っている時に動作が突然、停止してしまうこと。マウスやキーボードからの入力も全く受け付けなくなってしまい、画面が凍り付いたような状態になることからこう呼ぶ。
フラッシュメモリ 電気的に内容を書き直せるタイプのROM。ハードディスクより小型化でき、バックアップ電源が不要、衝撃に強いといった特徴を持つ。
フリーソフト(フリーウェア) 開発者が無償で提供していて、誰でも自由に使用できるソフトの総称。フリーウェアともいう。インターネットやパソコン通信を通じて公開される場合が多い。
プリインストール メーカーが出荷する前に、パソコンにあらかじめアプリケーションソフトをインストールしておくこと。 ユーザーは購入してすぐにパソコンを使い始めることができる上、パッケージソフトを別個に買うより安く済む場合が多いというメリットがある。主に日本に特有の販売方法。
不良セクタ ハードディスクなどで、何らかの原因によって、読み書きができなくなったセクタ(情報を記録する単位)をいう。
プリンタドライバ デバイスドライバの一種で、プリンタを制御するためのプログラム。
プリンタポート プリンタをパソコンに接続するためのインターフェイス。「パラレルポート」ともいう。
プルダウンメニュー マウスで画面の特定の場所をクリックすると、下方向に伸びるように現れるメニュー(コマンドの一覧)のこと。「ドロップダウンメニュー」とも呼ぶ。
フレーム Webブラウザで、表示画面をいくつかの枠で分割する機能を指す。 それぞれの枠内は独立して操作ができるので、1つの枠をスクロールさせたり、リンクをたどっていっても、ほかの枠の表示内容は変化させないようにできる。
プレビュー 印刷前に、あらかじめ画面上で印刷結果を確認すること。またはその機能を指す。 より正確な印刷結果(枠からはみ出していないか、行末がきれていないか等)を把握するために使う事が多い。 大半のソフトは、通常の編集画面がそのまま印刷イメージとなるが、実際に印刷した結果は画面と微妙に異なることがある。これは、編集時の画面はプリンタの情報を必ずしも反映していないため。表計算ソフトで画面上ではセル内に文字が収まっていても、印刷すると文字があふれたりするのはこのため。
ブロードバンド 広帯域伝送。高速度あるいは広帯域のデータを伝送することと、広い周波数帯域幅の信号を使ってデータを伝送することの二つの意味がある。 一般的には、CATVやxDSL、光ファイバーなどを使った、おおよそ500Kbps以上の転送速度をもつ通信回線をブロードバンドと呼ぶ。
プロキシサーバー ホームページなどの情報をネットワークから代理(proxy)でもってくる役割を持つコンピュータ。プロバイダやLANなどで使われる。 通常はセキュリティが目的であるが、また、よく利用するサイトの情報を一時的に保管してネットワーク間のトラフィックを軽減する役割(キャッシュ機能)も果たす。(プロバイダーがダイヤルアップユーザーのために設置するプロキシサーバーはキャッシュ機能の提供が主な目的の場合が多い。)
フロッピーディスク 磁性体を塗布した薄いプラスチックの円盤に磁気でデータを記録し、読み書きする記憶媒体。 現在は、フォーマット後の容量が1.44MBの3.5インチ・2HDタイプが主流。 フロッピーディスクを読み書きするための装置を「フロッピーディスクドライブ」という。 フロッピーディスクのことを「FD」、フロッピーディスクドライブを「FDD」と略して呼ぶ。
プロトコル コンピュータ同士がデータの受け渡し(通信)をするときの手順や約束事。 原義は「外交儀礼」(protocol)。
プロバイダ インターネット・サービス・プロバイダ(Internet Service Provider)を略してこう呼ぶことが多い。 インターネットへの接続を代行してくれる企業や団体を指す。
プロパティ コンピュータ自体や周辺機器、ソフトウェアなどの設定、またはファイルやフォルダに関する詳細情報。
ペイント パソコンでグラフィックスを描画する方式の一つ。画像を点の集まりとして記録するので細かい表現が可能だが、拡大縮小、変形を行うとぎざぎざが目立ったり、ぼやけた図になるという欠点がある。 また、Windowsに標準装備されているアクセサリソフト「ペイント」のことを指す場合もある。
ベースクロック 外部クロックとも呼ばれる。フロントサイドバス(FSB)の動作周波数を表す。 CPUは、外部動作周波数(外部クロック)を内部で何倍かにして動作しているので、「基になるクロック」という意味でこのように呼ぶ。
ペースト 「貼り付け」と同意義
ベータ版(β版) 製品出荷前の評価版。メーカーがハードやソフトを開発する時、最終製品が仕上がる前に一部の関係者やユーザーに提供する。最近は、販売促進の目的も兼ねて多数のユーザーに配布するソフトメーカーもある。 製品版の機能は一通り揃っている場合が多いが、バグが残っている、マニュアルに不備があるなど、不完全な部分が残っていることが多い。
ベストエフォート型 インターネット接続サービスなどで、ユーザーの利用できる通信速度を保証しない方式。 これに対し、通信速度を保証するものを「ギャランティ型」という。ベストエフォート型は、ギャランティ型に比べて一度に多くの人が回線を利用でき、価格も一般的に安い。
ヘッダ 文書や表などを印刷する時に、用紙の上部に常時印刷される各種の情報のこと。
ヘルプ ユーザーにソフトの操作方法や言葉の意味などを画面上で説明する機能。
変換 日本語を入力するときに、ひらがなで入力したものを目的の漢字などに変える操作。 また、別の意味として、あるデータを別の形式のデータに置き換える操作のことをいう
ベンチマークテスト パソコンのハードやソフトの処理能力を比較するためのテスト。 ベンチマークテストでは標準作業を設定し、それぞれの製品で実行に要する処理時間などを測定することで性能を比較する。
ポータルサイト インターネットでユーザーが情報を求める時に一番最初にアクセスするWebサイトのこと。 ポータル(portal)とは英語で入り口や門という意味。
ポート パソコンと周辺機器を接続するためのインターフェイス。 プリンタ、マウス、キーボードなどのポートがある。
ホームページ Webサイト上で公開されているWebページの中で、同一テーマや同一企業などリンクでつながっている各Webページの入り口として位置付けられているWebページを指す。 同一テーマや同一企業などのWebページ全体を指すこともある。
ホスト(コンピュータ) ネットワークでコンピュータを使用しているときに、全体の管理や中心的な計算管理をするコンピュータ。ホストコンピュータともいう。
保存 アプリケーションソフトなどで、編集中のデータをハードディスクなどに記録すること。 処理中のデータはパソコンのメモリ上に置かれているだけであり、ハードディスクなどに保存しないままアプリケーションを終了させると、データが消失してしまう。
ホットプラグ パソコンの電源をオンにしたまま、周辺装置を抜き差しできること。「ホットスワッピング」ともいう。 現在ではPCカードやUSB、IEEE1394がホットスワッピングに対応しているが、それら以外は電源をオフにした状態で抜き差しする必要がある。
ポップアップメニュー 入力位置に飛び出すように現れるメニューのこと。 一部のアプリケーションソフトでは、マウスポインタの位置に「メニュー」が現れるように設計されている。
あ行 か行 さ行 た行 な行 ま行 や行 ら行 わ行 数字

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明 PC賢い買い方
Twitterボタン 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録