中古パソコンを激安価格で販売しているPC綺羅星のQ&Aです。

サイトマップ
ヘッダー画像

送料無料キャンペーン

楽天モバイル

中古パソコンの賢い買い方

Core2Duo/CoreDuo搭載中古パソコンの説明

子供、年寄り向けのPC

Windows7搭載中古パソコンの説明

prezent

harucan

office2003

PC綺羅星のプレゼント情報

中古パソコンPC綺羅星のQ&A情報です!

QA
  • Q:保証について..永久の保証となっていますが、すべての部品についてですか?
  • A:下記の部品については、商品購入後永久の保証があります。無料で、交換、修理が出来ます。
  • 増設メモリ
  • ACアダプタ(富士通、IBM、NEC、東芝、日立のみ)
    なお、送料はお客様のご負担となります。お客様の過失による故障は有償となります。
    詳しくは、安心の理由をご覧ください。

  • Q:購入してまだ1週間しか経過していないのですが、急に動かなくなりましたが、交換はしてもらえるのですか?
  • A:恐れ入りますが、初期不良のみ1ヶ月の保証をさせていただいております。
  • 商品到着後、初めて動作された場合の不良についてのみとなります。
  • 1週間以内の返品は送料は当社負担ですが、1週間以上経過後の返品はお客様負担となります。
  • 詳しくは、安心の理由をご覧ください。

  • Q:エクセル&ワードは付属しますか?
  • A:Windows7搭載のパソコンをお買い上げの場合、Kingsoft Officeソフト(試用期限付き 表計算、文書作成、プレゼンテーション)が標準インストールされています。Microsoft Officeのような操作でご利用できます。
  • なお、Kingsoft Office をご利用いただきましたら 無料でワード、エクセルと同等の機能を持ったWebアプリケーションをご利用可能です。

  • Q:届いたらすぐに使えますか?また各OSの特徴を教えてください。
  • A:メーカー製品は初期出荷時の状態に復元されているので、すぐにご利用可能です。
  • Windows95・・・
    パソコンブームの火付け役になった有名なOSです。発売すると長蛇の列ができ、パソコンを持っていないのに、OSだけ買って使えないといって怒っていたオジサンがいっぱいいたそうです。
    周辺機器にUSB接続が主流になるにつれて、SCSI接続と同じように消えていきました。
  • Windows98・・・
    現在のWindowsOSの原型になったWindows95にUSB機能やインターネット関連の機能が強化され、98年〜2001年頃まで主流になっていた傑作です。
    最新のインターネットブラウザ(IE6.0)にも対応しているので、現役で使われている方も多いです。
    普通に使う分には特に支障はございません。 98→98SEにマイナーチェンジされていますが、基本的な性能はほとんど同じです。
  • WindowsME・・・
    Windows9X系OSの最新版です。Windows98を初心者向けに使いやすくした感じで、個人ユーザに人気です。使い勝手のいい画面周りで、OS自体も軽く、64MB以上のメモリですいすい動きます。若干安定性が悪いという噂もありますが、気にするほどの程度でもございません。
  • Windows2000・・・
    WindowsNTという企業向けの安定したOSの改良版です。見た目はWindowsMEと似ていますが、安定性、セキュリティーが高く、主に企業ユーザに人気です。OS自体も軽く、動作が早くて固まらないといえばWindows2000で中級者、上級者の間ではXPより2000が人気です。
  • WindowsXP・・・
    WindowsMEの使いやすさと、Windows2000の安定したテクノロジーが融合した、2002年〜2006年に販売されていたパソコンに導入されている人気のOSです。特に動画等マルチメディアの扱いに強いOSです。現在販売されている中古パソコンでも殆ど動作が可能なので資金に余裕がある場合はWIndows2000からのアップグレードとして導入をご検討する価値がありま下が、MSのサポートが打ち切られたためそのリスクを考慮したならば使いやすいOSです。
  • WindowsVISTA・・・
    WindowsXPの後継となる2007年時点で最新のOSです。ただし最新パソコンへの導入を前提に作られているため、中古パソコンの場合は最低512MB以上のメモリが無いと、逆に動作が遅くなってしまいますので、導入には注意が必要です。
  • Windows7・・・
    現時点では一番使い安く、安定感のあるOSですが、中古パソコンだと、メモリ1GB以上必要です。ただ、中古パソコン市場では一番多くの在庫があるOSで、初心者からビジネスユースまで幅広く使えます。
  • Windows8・・・
    最新のOSですが、中古パソコン市場ではまだほとんど出回っていません。今後展開状況によりメイン市場になると思われます。

  • Q:Windows7のライセンス認証をしたい
  • A:手順1
    [スタート]ボタンをクリックし、[コンピューター]をクリックします。
    [システムのプロパティ]をクリックします。

    手順2
    最下部までスクロールし、[Windowsライセンス認証]の項目にある[ライセンス認証を行う必要があります]をクリックします。

    ■インターネットを利用した認証
    手順3
    [Windowsのライセンス認証を今すぐオンラインで行う]をクリックします。
    プロダクトキー入力部分に、パソコン本体裏側に貼り付けられたWindows7シール内の英数字25桁のプロダクトキーを入力します。
    終わりましたら、[次へ]をクリックします。
    指示に従い、ライセンス認証を完了します。

    ■電話を利用した認証
    手順3
    [ライセンス認証の手続きを行うその他の方法を表示します] をクリックし、Windows 7 プロダクト キーを入力し、[次へ] をクリックします。

    手順4
    [自動電話システムを使用します] をクリックします。
    管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

    手順5
    ドロップダウン リストから最も近い場所をクリックし、[次へ] をクリックします。
    一覧に表示された電話番号の 1 つに電話をかけます。 自動電話システムにより、ライセンス認証プロセスを順にご案内します。

    手順6
    メッセージが聞こえたら、画面のリストに示されたインストールIDを電話のキーパッドから入力します。

    手順7
    電話システムが示した確認 ID を書き留めます。

    手順8
    ライセンス認証のステップ 3 で示されたスペースに確認 ID を入力し、[次へ] をクリックして指示に従います。

    手順9
    ライセンス認証が成功しない場合は、電話をつないだままにして、サポート可能なカスタマー サービスの担当者に転送されるのをお待ちください。

  • Q:WindowsXPのライセンス認証をしたい
  • A:手順1
    [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順に選び、[Windows のライセンス認証] をクリックします。
    または、 通知領域の Windows のライセンス認証アイコンをクリックします。

    ■インターネットを利用した認証
    手順2
    [はい、今すぐインターネット経由でライセンス認証の手続きを行います] をクリックし、指示に従い先へ進みます。
    ライセンス認証ウィザードがライセンス認証サーバーとの接続を確立し、ライセンス認証の手続きを実行します。

    ■電話を利用した認証
    手順2
    [はい、ライセンス認証専用窓口に電話してライセンス認証の手続きを行います] をクリックし、指示に従い先へ進みます。

    手順3
    [電話で Windows のライセンス認証の手続きを行う] ダイアログ ボックスに表示された手順に従い、[次へ] をクリックします。

  • Q:WindowsXPはサポート終了で使えなくなるのですか?
  • A:2014 年4月9日をもって、Windows XPのサポートが終了となりました。
    これにより、Windows Update からソフトウェアの更新プログラムを受け取ることができなくなりますが、WindowsXPが使えなくなるわけではありません。
    しかし、もちろんデメリットは数多くあります。
    対応するソフトへの影響
    Windows7以降のOSが基準になってゆくため、WindowsXPでは動作しないものがこれから増えてゆくことが考えられます。
    悪意のあるウイルスなどの脅威の影響
    ウイルスセキュリティソフトを使っているから100%安全というわけではありません。
    WindowsXP発売当時(2001年)と比較すると、セキュリティ上の脅威は飛躍的に高度化しています。
    セキュリティソフトのみで対応することは困難と考えられます。
    詳しくは、「WindowsXPは使えるの?」をご覧ください。

  • Q:パソコン終了時に多くの更新がされ、電源がすぐに切れないことがありますが...
  • A: パソコンを終了するときに、以下のように表示されることがあります。
    コンピューターの電源を切らないでください。
    更新プログラムをインストール中(○○個中 ○○個目)
    これは、お使いのパソコンのプログラムを常に最新の状態に保つために、 インターネットを介して自動でダウンロードされた更新プログラムをインストールしている場合に表示されます。
    パソコンを長くお使いいただくためにとても大切なものになります。
    インストールには長いもので数時間かかる場合もありますので、インストール終了までお待ちいただけますようお願いします。
    ※なかなか更新が終わらないからといって、無理矢理電源を切ってはいけません。コンピュターの故障の原因となります。

  • Q:ウィルス対策ソフトは何を使えばいいのですか?
  • A:ノートンアンチウィルスや、ウィルスバスターはよく売れていますが、それ以外のものでもウィルス対策としての機能には支障はあいません。
    最近は動作の速いクラウド版のウィルス対策ソフトが主流になってきています。
    また、綺羅星では「ウイルスとは」で、各社の最新ウイルスソフトをご紹介させていただいておりますのでご覧ください。

  • Q:メールソフトは入っていますか?
  • A:取り扱っていますパソコンには、メールソフトがまったく入っていないものと、 Windows Live メールがあらかじめインストールされているものがあります。
    詳しい説明は、WindowsLiveメールをご覧ください。 メールソフトが入っていない場合には、 Windows Live メールなど、お好きなメールソフトをインストールしてください。

  • Q:DVDは見れますか?DVDコンボドライブやDVDマルチドライブって何?
  • A:中古パソコンでDVDの閲覧は、稀に相性で画面がちらついたりするのであまりオススメできませんが、
    DVDコンボドライブ又は、DVDマルチドライブ搭載機種又は、USB外付けDVDマルチドライブをご利用いただけば殆どの機種で見ることができます。
    中古パソコンで快適に見るには2005年以降の中古パソコンが推奨です。
    DVDコンボドライブは、DVD-ROMとCD-RWのコンビネーションドライブです。
    DVDの再生と、CDの書込、CDの読込が可能です。
    さらにDVDの書込みが出来るものは、DVDマルチドライブです。
    詳しくは、中古パソコンの豆知識 光学ドライブをご覧ください。

  • Q:音楽CDをコピーできますか?
  • A:USB外付けCD-RWドライブやDVDコンボドライブ、DVDマルチドライブ搭載の機種で可能です。
    最近のコピーできにくく作られている音楽CDは普通にはコピーできません。ご自身で用意した音源を利用したオリジナルCDの作製は問題ございません。

  • Q:液晶のドット抜けの無いものを指定できますか?

  • Q:サポートディスクとは何ですか?
  • A:サポートディスクにはウィルス駆除ソフト(体験版)や、ワープロ&表計算ソフト(Kingsoft Office試用版)、再セットアップに便利な起動FDの作成を支援するデータや、フリーのゲーム等が収録されています。Windows7以降のほとんど機種は、ハードディスクにリカバリーディスク(再起動を含む)が内臓されていますのでご注意ください。

  • Q:システムがクラッシュしてデータが消えてしまった場合は、保証はききますか?
  • A:データに関しては一切の保証はございませんが、リカバーディスク等をご利用頂きましたら、初期出荷時の状態に戻すことが可能です。

  • Q:このコンピューターは何年型式かわかりますか?
  • A:CPUのクロックを見ていただきましたら、おおよその年式は判別可能です。
    2003年頃→Pentium3/4/Celeron 1.0〜2.0Ghz
    2004-5年頃→Pentium4/M/Celeron 1.3〜3.0Ghz
    2006年頃→PentiumM/CeleronM/CoreDuo
    2007-9年頃→CoreDuo/Core2Duo/CoreSolo/Celeron
    2010年以降→Core i3/i5

  • Q:古いパソコンにWIndows7はセットアップできますか?
  • A:当社でセットアップ可能な各OSの最小スペックは下記のとおりです。
    WIndows98/SE→Pentium120Mhz以上(96年以降の製品) メモリ24MB以上
    WindowsME/2000→PentiumMMX200Mzh(98年以降の製品) メモリ32MB以上
    WindowsXP→Pentium(MMX)233Mhz(98年以降の製品) メモリ64MB以上 HDD3GB以上
    WindowsVISTA→CPUは1Ghz以上、メモリ512MB以上、HD 20GB以上
    Windows7→CPUは2Ghz以上、メモリ1GMB以上、HD 20GB以上

  • Q:Windows7のHome PremiumとProfessionalの違いは何ですか?
  • A:Windows7には約6種類のバージョンが存在しますが、PC綺羅星では一番ポピュラーなHome Premiumと、Professionalを取り扱っています。
    両者を比較すると、Professionalの方がHome Premiumよりも機能は良いのですが、価格はお高くなります。
    種別 最大物理メモリ容量 64ビット 最大物理メモリ容量 32ビット バックアップと復元 WindowsXPモード
    HomePremium 16GB 4GB × ×
    Professional 192GB 4GB
    ※この他にも、細かな機能の違いが多くあります。
    初心者の方や、メールやネット検索、閲覧を中心にパソコンの利用を考えている方には、Home Premiumがお勧めです。
    WindowsXPでしか使用できないアプリケーションを利用する場合は、XPモードが使用できるProfessionalがお勧めですが、
    アプリケーションによってはXPモードが有効ではない場合もございますので、ご注意ください。
    なお、どちらも2020年1月14日でサポートが打ち切られる予定です。

    • Q:領収証は発行できますか?
    • A: はい、可能です。
      ご注文時に、備考欄や、メール等で領収証発行希望とご連絡いただけましたら、領収証を発行させていただいております。
      ※お振込み決済の場合は、ATM等で発行される振込み明細が正規の領収証として税務署に認められております。
      ※代引きやクレジット決済の場合は、受領時にもらえる控えが領収証扱いになります。
      お振込み決済や、代引き決済の領収証の再発行をご希望される場合、
      5万円を超える際は、領収証1枚につき印紙代200円をお振込み頂くか、印紙をお送り頂く事により発行させていただきます。

    • Q:4GB分のメモリを使いたいが、正常に認識されません。
    • A:32bitのOSでは、4GB分のメモリを搭載しても正常に認識されません。
      実際には3GB弱の認識となり、4GBを丸々使いこなすことはできません。

    • Q:2GBのメモリが搭載されたパソコンを買ったのに、2GBよりも少ないメモリが表示されるのはなぜですか?
    • A:システムのプロパティ等で表示されるメモリ容量は、ご利用のメモリ容量ではなく、
      「ご利用のメモリ容量 − ビデオメモリ容量 の値」となる場合があります。
      ※ビデオメモリとは、画面に絵や文字を表示する際に使用される、あらかじめ確保する必要があるメモリのことです。
      例えば、2GB(2,048MB)のメモリのパソコンを使用していて、消費されるビデオメモリが、256MBの場合
      「2,048MB − 256MB = 約1,792MB(機種によって前後あり)」
      となり、実際のメモリ容量とは若干低く表示されます。

    • Q:下取りしてほしいパソコンがあるのですが?
    • A:機種と、付属品、状態がわかれば査定可能です。「買取コーナー」をご覧ください。
      同時購入される場合は、若干買い取り価格をアップさせていただいております。

    • Q:返品は出来ますか?
    • A:商品到着後、1週間以内のお申し出がある場合に限ります。
      なお、以下の費用はお客様のご負担となります。
    • 商品返品時の送料、再クリーニング&動作チェック費用(4,500円)、返金時の送金手数料(640円)
    • お客様の故意若しくは過失、改造等された商品はお取り扱いできません。
    • ソフトウェア製品は著作権保護の観点から返品は出来ません。
      詳しくは、安心の理由をご覧ください。

    • Q:内臓バッテリーは使えないのですか?
    • A:基本的に使用耐年数が経過している商品が多いので、使用できないとお考えください。
      そのためACアダプターを付属品でつけさせていただいてます。新品との交換、購入は各メーカーに注文、お客様ご自信の交換作業となりますのでご注意ください。
    • 詳しくは、安心の理由をご覧ください。

    • Q:送料について
    • A:現在は「商品代引き」と「振込み」及び「クレジット」「PayPal」の方法です。
      「商品代引き」はゆうパックと佐川急便の2社です。全国一律の2,000円です。
      「振込み」は 送料1,500円ですが、振込み手数料はお客様のご負担となります。
      「クレジット」は マスターカード、VISA、JCB、AMEXとなります。
    • コンビニ決済は対応しておりません。
      詳しくは、送料・配送についてをご覧ください。

    • Q:1回に複数台のパソコンを購入したいのですが、送料は1台ごとですか?
    • A:ノートパソコンとデスクトップパソコンにより少し違います。綺羅星では5台以上まとめて購入いただくと、 送料サービスさせていただいております。(代引き手数料もサービスとなります)
    • 「ノートパソコン」1箱で4〜5台(機種によります)入りますので1箱計算(1,500円)となります。
    • 「デスクトップパソコン」本体とモニターは別梱包となります。(2箱ですので3,000円です)但し、液晶一体型は1箱でお送りできます。
      詳しくは、安心の理由をご覧ください。

    • Q:サポートはいつでもしてもらえますか?
    • A:Eメールによるサポートは24時間体制ですが、夜間は多少お答えできるタイミングが遅れる場合もあります。
      お電話によるサポートは、平日 10時〜18時30分、土・休日
      は休業となりますので、出来る限りEメール若しくはFAXでご連絡お願いします。
  • Eメール info@uricom-net.com (デジタルドラゴン)
           mail@pckiraboshi.com (綺羅星)
  • 電話   06-6633-5551(デジタルドラゴン)
           090-8529-0003(PC綺羅星)
  • FAX   06-6633-8885(デジタルドラゴン)

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明 PC賢い買い方
Twitterボタン 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録