中古パソコンを激安価格で販売している中古パソコンPC綺羅星のウイルスの3つの対策情報です。

サイトマップ
ヘッダー画像

送料無料キャンペーン

楽天モバイル

中古パソコンの賢い買い方

Core2Duo/CoreDuo搭載中古パソコンの説明

子供、年寄り向けのPC

Windows7搭載中古パソコンの説明

prezent

harucan

office2003

中古パソコンPC綺羅星のウイルスの3つの対策情報です。

PC綺羅星のウイルスの3つの対策情報案内です。

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明

コンピューターウイルスから身を守るために何をすべきなのでしょうか?
必要な対策は3つあります。


3つの対策

☆1つは、ウイルス対策ソフト(以下対策ソフト)を導入することです。

ウイルス3

これは基本中の基本。対策ソフトをインストールすれば、実行するプログラムや開こうとするファイル、メールの添付ファイルにウイルスが含まれているかどうかをチェックしてくれます。
  ハードディスク内のすべてのファイルを検査し、感染の有無を確認することも可能です。対策ソフトなしでウイルスに対抗するのは不可能に近いわけです。

☆2つめは、セキュリティホールをこまめにふさぐことです。

 

最近の主流は、セキュリティホールを突き、感染を広げるウイルス。対策ソフトをインストールしても、ウイルスを100%の確率で防げるわけではないです。

☆3つめは、パソコンをインターネット上で“野ざらし”にしないことです。

 

「野ざらし」とは、第三者がインターネット経由で簡単にアクセスできる状態をいいます。   インターネット上の機器に対して、無差別に攻撃を仕掛けるウイルスは今でも数多く存在します。「野ざらし」の状態だと、この無差別攻撃のえじきになる危険性があります。
さらに「メールの添付ファイルを安易に開かない」という心がけも大切です。メールに添付されるウイルスは相変わらず多いので、少しでも怪しいと思える添付ファイルは開かない方がよいです。

 

次に、それぞれの対策方法について説明していきます。

 

☆対策ソフトの導入・活用について

現在、数多くの有料、無料の対策ソフトが販売されています。
製品によって機能差はありますが、ウイルス検知に関してはどれも問題はないと思われます。指示通りにインストールすれば、パソコン上に常駐してウイルスを監視します。
  対策ソフトがパソコンにプリインストールされている場合は、パソコンに付属するマニュアルの「ウイルス対策」などの項目を読んで正しくセットアップしましょう。 対策ソフトは、設定をカスタマイズすることも可能ですが、ただ設定の意味を理解せずに変更するのは避けてください。逆に、危険な設定にしてしまう恐れがあります。
メンテを忘れたら水の泡
対策ソフトを利用するうえで注意すべき点は2つあります。
1つは定義ファイルを最新に保つことです。対策ソフトは、ウイルスに関する情報を記述した定義ファイルを使ってウイルスを検知します。新種のウイルスは次々に出現し、定義ファイルも毎週のように更新されます。   定義ファイルが古いと、対策ソフトを動かしていてもウイルスの侵入を見逃す危険性が高まってしまいます。

ウイルス4

ソフトは生きてますか?
もう1つは、対策ソフトに有効期限が存在すると知っておくことです。対策ソフトは、1〜2年間の定義ファイルの更新料が含まれています。
  ただ、この期間を過ぎると、定義ファイルを更新できなくなり、新種のウイルスを検知できなくなります。
有効期限が近づくと、対策ソフトのほとんどがそれを知らせてくれます。せっかく購入した対策ソフトが機能するように、この延長手続きは忘れないようにしてください。 最近では、プロバイダーの多くがメールなどに含まれるウイルスをチェックするサービスを提供してくれてますので、定義ファイルの更新や有効期限を気にする必要がありません。
  対策ソフトと併用することで、安全性はさらに高まります。

   

☆セキュリティホール対策

セキュリティホール対策は、Windows Updateを使ってこまめに行うしかありません。
  ただ、自動更新機能があるので、これを使う設定にしておけば、インターネットに接続するだけで更新が可能です。但し、現在はWindowsXP以前のOSは このサービスは打ち切られてますので、対策ソフトでカバーしなければなりません。
定義ファイルは、新種のウイルスが確認されてから作られます。対策ソフトは、感染能力の高いウイルスに対して、どうしても無力化してしまう可能性があります。 多くの場合セキュリティホールをふさいでおけば、ウイルスの無差別攻撃は防げます。
しかし、システムをリカバリーして初期状態に戻したことで、ふさいだはずのセキュリティーホールを再び開けてしまうことがあります。
  未公開のセキュリティホールを攻撃するウイルスが出現する可能性もあります。
このために、パソコンを野ざらしにしない対策が必要になります。
方法は大きく2つあります。
1つはルーターを設置して、パソコンにプライベートなIPアドレスを割り当てることです。
もう1つはパーソナルファイアウオールを使用することです。どちらの対策を採るかは、ユーザーの環境に合わせて決めればよのです。

OSの32ビット(bit)と64ビット(bit)は何が違うの?!

64bitvs32bit 送料無料キャンペーン Windows7搭載中古パソコンの説明